【レザークラフト】革の文庫本カバー(フリーサイズ)の作り方を解説【型紙販売】

2021年8月28日


※制作解説動画一覧「前編」「後編

レザークラフトをしていて読書好きの方に作って頂きたい「ブックカバー」。

今回は文庫本サイズの型紙を作りました。

様々な文庫本の厚みに合わせられる厚みフリー仕様なので、使い勝手は抜群です♪

難易度も高くないので、レザークラフトを始めたばかりの方でも挑戦出来ますよ!



革の文庫本カバーの型紙(有料)

・BASE(クレジット決済のみ)
●型紙販売ページはコチラ

・STORES(コンビニ決済可)
●型紙販売ページはコチラ

革の文庫本カバーの制作に必要な材料と道具

制作に必要な材料一覧

ヌメ革(1.5mm厚)、手縫い糸ハトメリングNo.200

制作に必要な道具一覧

革包丁木槌ステッチンググルーバー丸ギリヘリ落し菱目打ちハトメ(200サイズ)打ち具、ハトメ抜き(4号12号)、縫い針トコノールorトコフィニッシュ紙やすり(300~400番)フチ捻
※フチ捻は無くても制作出来ます。

革の文庫本カバーを作ろう!

今回の制作に必要な技術は下記の通りです。
やり方が曖昧な物は事前に確認しておきましょう♪

・革包丁で自在に革を切る方法と漉きのコツ
・ヘリ落しの使い方と選び方のコツ
・コバ磨き 美しい艶を出す手順とコツ
・菱目打ちで穴をあけるコツ
・手縫針 糸の通し方
・糸が切れくい手縫いの方法とコツ

カンナ
カンナ
革の栞(しおり)も付いていてとっても可愛いわ♪
JUN
JUN
これでカフェで読書をしていたら素敵だね
カンナ
カンナ
違う色でも作ってみよ~♪
JUN
JUN
気に入ってくれたようで何より